ぽとふの
ブログ

ぽとふ茅ヶ崎の魅力を紹介!【今週のぽとふ・茅ヶ崎】

皆さん、こんにちは!ぽとふ茅ヶ崎の園長、竹田です。
日が落ちるのもすっかり早くなり、夕暮れ時には寒さが身に染みる季節となりました。

茅ヶ崎園の子どもたちは「そんなことはお構いなし!」と、毎日元気いっぱい遊んでいます。

先生インタビュー(ももこ先生)

ぽとふ茅ヶ崎の施設について

ぽとふ茅ヶ崎は、2019年4月に開園しました。
ビルの2階にあり、今あるぽとふ保育園の中で、いちばん広く開放感のある作りとなっています
雨の日でも、室内で体操やサーキット遊びなど、十分身体を動かして遊ぶことができ、子どもたちものびのびと過ごしています。

木を基調とした内装だけでなく、子どもたちにとっても楽しく過ごせる場所づくりにもこだわっています。
0歳児保育室には、花柄の中にタコやくらげなどの生き物が隠れている壁紙を使用したり、室内に小さなお家のようなつくりの図書コーナーがあったり・・・

施設内にはテラスもあります。人工芝が一面に敷き詰められているので、小さな子も安心して遊ぶことができますよ。
夏の水遊びはもちろん、ボール遊びや、すべり台、シャボン玉などを楽しんでいます。

ぽとふ茅ヶ崎の周辺環境

駅からは少し離れたところにあり、園周辺は畑や住宅街が広がっています。
子どもたちが歩いて行ける距離に、公園も3か所あります。

走内公園と上ノ前公園には、固定遊具がたくさん。すべり台やブランコ、お砂場など、子どもたちは毎回夢中になって走り回っています。
萩園第一公園は、四季の移り変わりを楽しむことができます。春には桜が咲き、夏にはセミが鳴き、今の季節はどんぐりや落ち葉がたくさんあって・・・
子どもたちは自然と触れ合い、過ぎてゆく四季を楽しんでいます。

ぽとふ茅ヶ崎の子どもたち・先生

ぽとふ茅ヶ崎には現在、0歳児3名、1歳児7名、2歳児8名の子どもたちが元気に過ごしています。

お友だちのことが大好きなぽとふ茅ヶ崎の子どもたち!
年齢関係なく、毎朝「○○くん来たよ~!」「○○ちゃん、おはよう!」と笑顔で声を掛け合っています。

一緒に遊ぶ時もみんな一緒!
楽しく遊んでいるお友だちの様子につられて、気づいたら、大人数で同じ空間、遊びを楽しんでいることが多いように感じます。

そんな子どもたちを温かく見守っているのが、私たちぽとふ茅ヶ崎の職員。
のびのびとしていて、笑顔いっぱい、元気いっぱいな子どもたちを優しく包み込んであげます。
遊ぶ時には子どもと一緒に思い切り楽しみ、子どもたちが困っている時には一人ひとりの気持ちに寄り添い、丁寧に対応するようにしています。

子育て中の職員がほとんどなので、保護者の方の気持ちにも寄り添い、悩みに共感したり、一緒に考えたりすることができるよう、心掛けています。

まとめ

ぽとふ茅ヶ崎は、開園して1年半が経ちました。
日々、子どもたち、保護者の方が安心して通うことのできる保育園となるよう、職員で話し合い、実現に努めています。

子どもたちは毎日広い園内やテラス、戸外でさまざまな発見をし、たくさんのことを吸収しながら過ごしています。
これからも、子どもたちの気持ちを第一に考え、毎日、「楽しかった!」「保育園に行きたい!」と思ってもらえるような、笑顔いっぱいの園となるようにしていきたいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

今週のぽとふ

おうちえん