みちよ先生

みちよ先生

ぽとふ厚木 保育士 嘉悦 倫代

自己紹介をお願いします。

嘉悦 倫代と申します。2020年9月にぽとふ厚木に入社して、1ヶ月ほど経った今では、0歳児の担任を受け持っています。
保育士歴は、2020年で13年くらいになりますね。過去には幼稚園教諭を、7年間勤めていました。

実は前職の保育園で働いていた頃に、ぽとふ保育園の噂を聞いていまして。
「とても可愛らしくて、評判の良い保育園ができた」と保育士の間でも話題になっていましたね。
その話を聞いてから、「機会があれば働きたい!トライしたい!」とずっと思っていて、ぽとふ保育園の前を通るたびに、園の様子を見ていました(笑)
念願叶って採用していただけて、本当に嬉しかったです。

保育士を目指したきっかけは?

幼稚園の先生をしていた、年の離れたいとこがきっかけですね。
小学校低学年の頃、春休みや夏休みになると、いとこのお姉さんが、働いている幼稚園に連れて行ってくれたんです。
室内やピアノを弾いている姿を見せてもらって、「幼稚園の先生って楽しそうだな、いいな」という思いが、ずっと胸に残っていました。

短大に通い始めてからは、実習を経験したことで、「この仕事をやりたい」とより強く思うようになりましたね。
卒業後は幼稚園に就職をしましたが、結婚して子どもを産んでからは、時間調整がしやすい保育園で働いています。
自身の子どもも小さかったので、シフトで働ける保育園が魅力だったんです。

いま思えば、幼稚園の先生であるお姉さんの姿に、憧れていたんだと思います。
お姉さんが連れて行ってくれなかったら、幼稚園の先生という仕事があることにも、気付けなかったかもしれないですね。

子どもたちと関わるときに大切にしていることは?

一人ひとりを尊重して、大切にすることを考えています。

小さい子どもには、いやいや期と呼ばれる時期があります。
集団行動が求められる場面で、一人で「やだやだ」と言われたとしても、それに付き合えるような余裕を持って、子どもたちに関わるように心掛けていますね。

子どもがやりたいことに付き合うことで、子ども自身に向き合うようにしているんです。
他の先生方と協力をしながら、常に子どもに寄り添えるようにしたいですね。

ぽとふ厚木はどんなところですか?

豊かな自然に囲まれて、子どもの成長に適した保育園だと思います。
お散歩も川や丘へ行ったり、とにかく自然がたくさんありますね。

室内も木がベースとなった造りで、ぬくもりを感じられる可愛らしい保育園です。

職員の気持ちが同じ方向をむいているので、それぞれの子どもに合わせて、向き合う姿は温かさを感じますね。
笑い声で溢れていて、「やっぱり保育は楽しいな」と、ぽとふ厚木に来て再認識することができました。

検討中や利用中の保護者のみなさまへ、メッセージをお願いします。

職員や子どもたちも温かくて、自然がたくさんある場所です。
どんぐりを触ったり、公園の斜面をよじ登る子どもたちの姿は、とても可愛らしいですよ。

たくさんの自然に触れて、子どもたちも楽しく過ごすことができると思うので、ぜひ遊びにいらしてください。