のりこ先生

のりこ先生

ぽとふ寺尾中 園長 中﨑 典子

自己紹介をお願いします。

2020年10月からぽとふ寺尾中の園長を務めている、中﨑 典子です。
パートを含めると、幼稚園や学童クラブ、保育園と、20数年間、保育に携わっています。

前職では遅番のパート勤務がほとんどでしたが、長いこと保育現場の質の低下に課題を抱いていました。
次の世代に、学んだ保育を伝えることができる保育士を育てたい、という気持ちを持つようになったんです。
保育士を育てるためにパートから、もう一度常勤として働こうと思った時に、ぽとふ保育園と出会い、「子どもたちの自然な笑顔のために」という理念に強く惹かれて、入社しました。

ぽとふ保育園には、お手本となる園長先生や保育士の方が、大勢いらっしゃいます。
私を育ててくれた先生方への恩返しという意味でも、私自身が学んだ保育を次の世代に伝えていきたいと考えています。
どのような関わり方で子どもたちが自然な笑顔になるのかを、私の保育を見て気付いてもらえたら嬉しいですね。

保育士を目指したきっかけは?

母から「小さな子が構ってほしいと、いつもあなたに寄ってくるね」と、私のことを褒めてくれたことがきっかけです。

中学生・高校生の時に、近所の方から子守を頼まれることが多くありましたが、特別ぐずられたり、泣かれて困った記憶が全然ありません。
母が言ってくれたように、天から授かった仕事なのかもしれないと、思っています。

学生の頃は、もともと看護師を目指していました。
ちょうど高校3年生の年に、第二次オイルショックの影響で不況となり、看護学校への受験倍率がとても高くなってしまったんですね。
どうするか悩んでいたところに、かつての担任の先生から「保育助手として幼稚園に入らないか」と紹介していただいたのをきっかけに、保育の道に進みました。

子どもたちと関わるときに大切にしていることは?

「褒めて褒めて、諭す」ことを大切にしています。
厳しい言葉で注意をしなくても、言葉がけひとつで、子どもは素直に言うことを聞いてくれるんです。
褒めることで、子どもが自分自身を好きになり、大切にすることができるように育てたいと考えています。

子どもは、おもちゃであやすよりも、まず保育者の笑顔に強く反応を示すそうです。
保育士が笑顔でいられる環境だと、子どもにも自然な笑顔があふれてくると考えています。

保育士や子どもたちが、ゆったりと余裕を持つことができる環境をつくることが、園長である私の役目だと考えています。
なるべく保育士と子どもたちの接する時間が長くなるように、雑用や片付けは進んで取り組んでいますよ。

ぽとふ寺尾中はどんなところですか?

その日の目的にあわせて、公園を選ぶことができる環境です。
じっくり遊びたいときには子ノ神公園、少し遠出して散歩を楽しみたいときは寺尾中央公園と、近くには公園がたくさんあります。
どんぐりを拾ったり、芝生に寝転んだり、アスレチック風の滑り台もありますよ。

ご利用いただいている方のなかには、外国籍のお父さま、お母さまもいらっしゃいます。
ぽとふ寺尾中には、英会話ができる職員が2名在籍しているので、保護者の方とも、とても良い関係でコミュニケーションが取れていると思いますね。

検討中や利用中の保護者のみなさまへ、メッセージをお願いします。

お子さんが「自分は大切にされているんだ」と肌で感じられるように、小規模保育園ならではの誕生会をおこなっています。
誕生日当日は、調理員を含めた全職員で、「お誕生日おめでとう」と声がけをします。
たとえ記憶に残らなかったとしても、心のどこかで「大切にされているな」という気持ちを感じてもらえたら、嬉しいですね。

ぜひぽとふ寺尾中に、遊びに来てください。