ゆきえ先生

ゆきえ先生

ぽとふ大和 園長 高木 友紀江

自己紹介をお願いします。

ぽとふ大和で、園長をしています。
6年間幼稚園に勤務しており、2019年の6月に、ぽとふ大和の園長になりました。

保育士を目指したきっかけは?

もともと子どもが好きだったというのもありますが、小さいころから幼稚園の先生に憧れていたことが大きいです。

いつも元気で明るくて優しい先生で、毎日幼稚園に通うことが楽しかったんです。幼稚園を卒園した後も、年賀はがきのやりとりをするくらい大好きな先生でした。
私もこんな先生になりたいなと思って、保育士を目指すようになりました。

子どもたちと関わるときに大切にしていることは?

怪我や事故がないように、お子さんたちの行動に注意することはもちろんですが、一人ひとりにあった保育をおこなうよう心がけています。

小規模保育では、人間の成長で一番大切な0歳から2歳のお子さんをお預かりします。
0歳から2歳のお子さんたちは、毎日が新しいことだらけ。日々成長を重ねますし、成長スピードもさまざまです。
お預かりするお子さん一人ひとりが、自分のペースで日々成長していけるよう見守っています。

ぽとふ大和はどんなところですか?

ぽとふ大和は、施設の木材を使用した、温かみのあるつくりになっています。
2階には開放的なテラスがあります。外に出て遊んだり、夏はプールで遊んだりもします。

ぽとふ大和で働く先生たちは、みんな子どもが大好き。
毎日、愛情たっぷりにお子さんたちと接しています。
たくさんの愛情を注がれたお子さんたちも、いつもニコニコと笑顔を見せてくれます。

検討中や利用中の保護者のみなさまへ、メッセージをお願いします。

3年という短い期間ですが、一般的な保育園と比べて、子どもの保育を手厚くおこなえることが、小規模保育園の魅力だと思います。
保護者の皆さまが、安心してお預かりできるような環境づくりを目指します。