小規模保育

小規模保育とは

小規模保育

小規模保育とは、0歳から2歳の低年齢児を対象にした、最大19名の少人数でおこなわれる保育です。
一般的な保育園に比べ、保育士が担当する子どもの数が少ないため、一人ひとりに向き合って、手厚いケアをおこなうことができます。

2015年からはじまった新しい事業ですが、近年は小規模保育の認知度は高まっています。
保育園の入園を考えている保護者の方は、認可保育園か小規模保園かのどちらかを選択する方が増えています。

小規模保育が最も評価されるポイントは、保育士によるお子さんへの手厚いケアにあります。
定員が少ない分、保育士はお子さん一人ひとりに目が届くようになり、常にお子さんの行動を見守ることができます。

低年齢児のお子さんは、成長度合いにも差があります。特に0〜2歳の時期は、お子さんの成長段階として大切な時期。
小規模保育の仕組みは、お子さん一人ひとりの成長に合わせて、ケア・サポートができるため、保護者の方も安心してお子さんを預けることができます。

ほかにも、少人数だからこそイベントモアっとフォームな雰囲気で楽しめる、駅に近い場所にある園が多く、働く保護者の方でも預けやすいなど、小規模保育のよさはたくさんあります。

ぽとふ保育園では、小規模保育園だからこそ取り組めるプログラムを取り入れております。
ご質問などがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。